ツァイガルニック効果
「人は不完全なものを見ると、完全にしたくなる」
という心理作用。
コレクション要素はこの心理作用を呼び起こす。

— ゲームヘル2000 - ゲームデザイン用語集 (via kanal) (via otsune)
2008-03-20 (via gkojay) (via nagas-it) (via nagas) (via yangoku) (via tessar) (via nopnop) (via theemitter) (via msnr) (via nemoi) (via yokumoku) (via yellowblog) (via hustler4life) (via kkj114) (via muhuhu)

10 Feb 2014 Reblogged from kanal

そのとき私は十七歳で、スーパーマーケットのレジ打ちをしていた。その店には万引きを示す暗号があって、「まるいち」というのだった。それを伝言ゲーム式に伝えるのだ。私がアルバイトをしているあいだにその暗号を聞いたのは一度きりだった。私はなんだかどきどきしながら、それを同じレジにいた仲間に伝えた。

それから少し経って、控え室でポップを書いていると、帳簿をつけていた店長が、このあいだ万引きいたよね、と言った。いましたねと私はこたえた。店長は当時としても旧式の、大きなPCに向かったまま話した。

万引きの損害は痛いし、窃盗は犯罪だし、だから俺は腹を立てるわけだけどさ、子どもの、子どもっていうか高校生くらいまでの子の万引きって、気持ちの上で引きずることはないんだ。なんていうか、子どもの万引きは、商品が欲しくてやってるんじゃないのが大半で、ものがわかってなくってゲームっぽくやっちゃうとか、仲間がやれって言うからやるとか、そういうのなんだ。中には親に心配かけたくてするような子もいる。

店長が黙ってしまったので、万引きが手段とか表現とかだってことですか、と私は言った。彼はああそう、そうそう、そういうこと、と、ずいぶんたくさんの相槌を打って、また口をひらいた。

このあいだのは大人だった。なんで盗ったのか訊いたら、ごちゃごちゃ言ってからこう言ったよ。こんなもんに金出すのばかばかしいからだって。買う価値がないから、苦労して働いて得た金で買うだけの価値がないものだから盗むんだって、そういうふうに言ったよ。

店長はまた黙ったけれども、今度は続きをうながすことばが思いつかなかったので、私も黙っていた。ポップはあまり可愛く仕上がらなかった。店長は、今度の日曜日はできれば少し早めに出てもらいたい、というようなことを話し、それから言った。

あのさ、うちはたいしたもの売ってないよ、ねぎとか卵とかぎょうざとかルックお風呂の洗剤とか、そんなのだ。でもそれに数百円の価値を感じられないってどういうことなんだろう。あいつはもっと珍しいものや綺麗なものになら値札ぶんの金を出してもいいと思うのかな。思わないんじゃないかな。なんでそういうふうになっちゃったんだろうな。

店長の話を聞いて、その人は働くことでよい感情を得たことがないのではないか、と思った。労働の報酬はお金や福利厚生だけではない。賃金に値する働きができることの安心感だとか、組織の中で一定の役割を果たしているという自負だとか、そういうのも対価のひとつだ。十代のアルバイトでだって手に入る。

でももし、そういう感情的な報酬を手に入れないままでずっと働いてきたら、世の中のいろいろなものが高価すぎるように思えるのではないか。あれほど苦労して、あれほどいやな思いばかりした、その数日なり数十分なりに値する商品ではないと、そう思うのではないか。それはいかばかりひどい生活だろう。なにもかもに労働に値する値うちが感じられないというのは。

でも十七の私は、その感想をうまくことばにできなかった。店長はおつかれさんと言い、私はお先に失礼しますと言った。

— 価値を感じることができない - 傘をひらいて、空を (via kml) (via nemoi) (via fishandmush) (via webstocker) (via gkojaz) (via pinto, pinto) (via shortcutss, shortcutss) (via kasa51, kasa51) (via nemoi) (via kaiteki61, kaiteki61)

管理がアグレッシブになると、管理側に意図がなくても破壊的な効果を遺憾なく発揮しはじめるのは、ものをつくる側の人間がみな知っている、管理という思想がそもそも創造にとっては本然的に破壊的な思想であることによっている。

日本の「高齢化」の内実には、人間は年をとると保守化して管理以外には生産性というものが判らなくなる、という人間の生理に根ざした社会の生産性自体の内部に起きた頽廃がある。

締め付けすぎてネジ山がつぶれた部品が、逼塞し、窒息して、希望を失い、人間としてどころか社会の部品としても壊れていって、次々に自殺してゆく最大の理由だと思います。

— 02 | May | 2012 | ガメ・オベールの日本語練習帳v_大庭亀夫の休日 (via udn4)

(via udn4)

23 Jan 2014 Reblogged from udn4

「専門知識を持たない素人だからこそ、斬新な視点で物事を見ることができる」という意見もあります。私は、これは実際には「真摯な専門家であれば、たとえ素人の意見からでも有用な知恵を引き出せる」という意味だと思っています。知らないことについて、深く考えることはできません。

— 記者の眼 - コードを理解できない人間がソフトウエアの記事を書く怖さ:ITpro (via kogure)

(via mmqqbb)

18 Jan 2014 Reblogged from kogure

オブラートに包まれて死ね

— 「死ね」を最もオブラートに包んだ表現をした奴が優勝 « 面白い « 箆棒Co.,Ltd (via acricket86)

(via miyoc)

9 Jan 2014 Reblogged from acricket86

生きていてけっこう不都合な自分のある部分について、ごまかすつもりはなかったのだけれど、がむしゃらに「がんばったり」「努力したり」すれば回復できると思っていた。無理しているともわからないぐらいに、無理をしていたのかもしれないと思う。まるで、生まれつき片目がないのに「わたしには2つ目があります!」といいはりながら、誰にも片目がないことをばれないようにびくびくしていた。でも、もう、片目がないことを受け入れることにした。そうして、片目がないからこそ想像力が豊かになった部分で、これからは、たのしんで生きて行けるのかな、恩返しをしていけるのかなと思う。

今年もたいへんお世話になりました。

来年がみなさまにとって、みずみずしく、ゆたかな一年でありますよう、お祈りもうしあげます。

— 2013.12.31 さようなら、2013年 - ものがたり百科

古代ペルシアの呪いに、「おまえの願いがたちどころに叶うように。」というものがある。古代ペルシア人は、自我の増長の先にある破滅をよく知っていたのだろう。

— 宗教ってハマるもの? (via nakano) (via petapeta, magnetic-north) (via petapeta) (via ittm) (via yellowblog) (via fukuku3) (via udn1) (via udn4)

5 Aug 2013 Reblogged from magnetic-north

意味を深く考えない力

— Twitter / @kkshow (via extramegane)

(via muhuhu)

25 Jul 2013 Reblogged from extramegane

「努力すれば報われる」に代表される、世界は正しく動いているはずだという考え方を公正世界信念といい、この信念が強い人ほど、少数者や弱者への否定的な態度を持ちやすい。
 

— Twitter / t_tetsushi (via katoyuu)

(via muhuhu)

23 Jul 2013 Reblogged from katoyuu

生まれ、生まれ、生まれ、生まれて生の始めに暗く

死に、死に、死に、死んで死の終わりに冥し

— 空海『秘蔵宝鑰』 (via nozma-books)

(via muhuhu)

21 Jul 2013 Reblogged from nozma-books

神仏を拝むと言いながら、殊勝そうな顔をしながら、自分の欲望をかなえてくれと神仏にお願いをする。神仏を拝むと言いながら、欲望を拝んでいる。

— Twitter / 18vow (via yellowblog)

(via muhuhu)

21 Jul 2013 Reblogged from yellowblog

犬にしてみれば「なんでうんこ拾うの? 好きなの?」って感じだろう

— 続・妄想的日常 (via basara36)

(via toukubo)

21 Jul 2013 Reblogged from basara36

前に太田総理(だったと思う)で伊集院光が義家氏と「不良による学級崩壊にどう対処すべきか」という問題でやりあったとき*1、義家氏の「不良に対して教師をマンツーマンに近い形で付けてフォローする」という主張に対して、伊集院は

「そうやって不良にリソースがどんどん割かれていることを目の当たりにして、勉強も運動も特にできるわけでもない、ただ真面目にやってるだけが取り得のような生徒はその状況をどう解釈したら良いんだ!?」

というような事を強く主張していたんだけど、これを理解できた人が視聴者の何割居ただろうか。

勉強も運動もできるわけではないから正の方向に注目を浴びるでもなく、でも真面目にやってて問題や害が無いからという理由で負の方向の注目も浴びるでもないため、できる人にだけならまだしも不良にまで本来平等に振り分けられるはずのリソースを奪われるという状況の主張。

極端な話、いじめられっ子がいじめっ子にケアのリソースを無条件で奪われ続ける、というような話。ゴネ得のもっと酷いもの。

対症療法的に「この人が今問題だからこの人にリソースをかけましょう」という事しか考えず、この「真面目だけがとりえで生きている人の徒労感・損した感」みたいなものをどこかでケアすることをスルーし続けると、「真面目な奴ほど馬鹿を見る」という傾向が強まっていくのではないかと思うが。

— 

リソースの割き方。 - Scott’s scribble - 雑記。 (via 20121222volt

)

リソース論

(via uessai-text)

(via shigesa) (via rnyhrt) (via inhouseneet, openarms) 2009-08-21 (via gkojax-text) (via rulebook) (via mysamplings) (via nezzz) (via kossetu)

(via akiokeke) (via mokn12) (via peruri)

(via younagi) (via yh0877) (via si-no) (via wideangle) (via sironekotoro) (via clematis-florida) (via plasticdreams) (via tokunagayuya) (via exsfix) (via rairaiken424) (via un-poco2) (via king75) (via domaichi) (via mmmmmmmmmy)

(via yoroizame) (via matakimika) (via katoyuu) (via xiecat) (via yashlu) (via chordstriker)

21 Jul 2013 Reblogged from openarms

「ただ毎日仕事をしているだけなのに、ちゃんと生活していると錯覚する」

— otsune tumblr まとめサイト 画像保管庫Q (via mcsgsym) (via gkojay) (via mcsgsym) (via wonderthinkanswer) (via sugach2) (via chordstriker)

21 Jul 2013 Reblogged from gkojax

中学校の図書館にあった覚せい剤の怖さを訴える本の中の「こんな異常行動をする」っていうページのイラストで、若者の集団が公園の砂場の砂にイヤホンジャックを差して「おっ音楽が聞こえる」「嘘つけ!ギャハハ!本当だ」とかやってて「めっちゃたのしそうだな」と思ってうらやましかった

— Twitter / geriondc (via mezotaro)

(via tokori)

21 Jul 2013 Reblogged from mezotaro